うつ病への接し方は理解するところから始まる

配慮を欠かさない

うつ病との接し方をおぼえる

うつ病との接し方は、自他ともに注意が必要です。うつ病にかかるとちょっとしたことでヒステリックになり、パニック状態になることが非常に多く、接し方は細心の心遣いであたってください。うつ病には、心をリラックスさせて穏やかに作用するように働きかけるものが主流ですが、心の奥底にはたまった行き場もない情動がたまっており、何かの折でそれが爆発すると、今ままで平穏に心静かに見えた人が豹変することになり、大変危険です。躁鬱転換の一種であるとも考えられますが、やっかいなことに本人にもその徴候がないまま感情が爆発してしまうので、まったく別人になったと思って、まずはやさしくなだめることが重要です。本人もこれは、発作なんだと落ち着いて深呼吸することから始めてください。

どうすれば社会に馴染めるか

うつ病との接し方は、どんなに軽い症状に見えても、見えないところで神経が衰弱していて、いつ正常な精神状態から滑り落ちてもおかしくない危険な綱渡り状態だと認識します。よって、接し方は、危ういバランスの精神状態でどんな感情が来るかわからない、つまり例えば、受け答えがはっきりしないと思ったら、急に怒り出すといった、情緒不安定さを受け入れる心持ちを予め準備しておくことで、ショックをカバーできます。わかってさえいれば、本人ともども、受け流すことができて、トラブルを未然に防ぐことができます。人身卑しからずの得の高い人でも、うつ病になるのは当たり前のことです。その時、しっかりと心の準備をしていれば、うつ病ではないかのアドバイスを送ることもできますので、いつか周りの人に頼られる人気の高い人になると思います。